脱毛は何歳から?

MENU

成長段階にある子どもは注意が必要

多くの脱毛サロンでは、施術を受けられるのは18歳以上と決められています。
しかし、近年では高校生やそれ以下の子供でも施術を受けられるキッズ脱毛プランなどを打ち出すサロンが増えてきて、永久脱毛の低年齢化が進んでいます。

基本的に、子供だからと言って施術の方法が変わることはなく、子供でもプランを契約出来た場合には、大人と同じように光を照射する際の痛みに耐えなければいけませんし、施術を続けることによってムダ毛が確実になくなりますから、毛深いなどのコンプレックスを大人になるまで待つことなく解消できるというメリットが期待できます。
また、費用面でも子供だと格安料金で契約できるプランが多いため、大人になってから施術を受けるよりもリーズナブルにムダ毛をスッキリできるというメリットもあります。

しかし、成長段階にある子どもは、施術による副作用も注意が必要です。毛が生えるという症状は、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスによって起こる現象で、思春期を迎える10代前半ぐらいから活発にムダ毛が生えてくるようになります。
男子ならひげが生え始めるのもこのぐらいの年齢で、この時期に永久脱毛をしてしまうと、ホルモンが行き場を失って他の部分のムダ毛が濃くなってしまうなどのトラブルが起こる可能性があります。

敏感肌でも安心

脱毛サロンや医療クリニックでの永久脱毛は、敏感肌でも安心して受けることができます。
敏感肌は肌表面のバリア機能が低下しているため、わずかな刺激でもトラブルを起こしやすいですし、カミソリや毛抜きなどの自己処理によっても皮膚がダメージを受けてトラブルの原因になってしまいます。
また、男性だと社会人としてのマナーでもある髭剃りは、敏感肌の人にとっては過酷なケアとなり、カミソリで毎日肌を傷つけることによって赤くなったり毛嚢炎になったり、皮膚が色素沈着するなどのトラブルを起こしやすくなります。

永久脱毛では、光やレーザーを肌の外側から照射し、毛穴の中のメラニン色素や黒い色に反応することによってムダ毛を根元ごと取り除くことができます。
肌に直接触れる冷却ジェルは医療用のものが使われているので敏感肌でも心配ありませんし、ムダ毛が抜けるプロセスの中では敏感肌だからと言って大きな負担になることはないので、安心して受けられます。
永久脱毛を始めることで、自己処理の必要がなくなり、肌に与えるダメージが激減しますし、肌の自然なターンオーバーによって肌質が改善することも期待できます。